セフレをきっかけにモテモテになった元処女の話

セフレをきっかけにモテモテになった元処女の話セフレ募集豆知識

セフレと聞くと、「体だけの割り切った関係」とか「女性はその先の交際を期待するけど男性は性欲の発散」みたいな関係を想像しがちでしょう。でも、最近ではセフレも多様化しているようです。

処女を捨てるためのセフレという選択肢

20歳を超えても処女であることに劣等感を持っていた倉本美香さん(仮名:23歳・飲食店勤務)のお話。周りの友達には男遊びをしている人が多かったそうです。

「え?処女?バカにしないでよ、さすがに卒業してるし!」

処女を捨てたいという思いをきっかけに、ネットで知り合った男性と会ったその日にエッチまでして、その後半年程度なんとなくセフレ関係が続いていたとのこと。そんな関係で満足なの?という気もしなくもないけど、とにかくは処女喪失できたことに安心したとのこと。

「どっちからって決まってないけど、ヤリたいなって思ったほうから連絡してホテル直行って感じ。エッチしないと老けちゃうからねwww」

半年前まで処女で、しかもセックスしたことのある相手がその1人だけとは思えないほどの軽い口調。

「処女じゃなくなったら性格も変わったのかな?他の男子からも誘われるようになったんですよ~。」

積年の処女コンプレックスから解き放たれた美香さんは、一般的に想像される女性よりも積極的なのだ。

体だけの関係のつもりが、どんどん本気に・・・

自分の意思でセフレという関係を選んだ女性もいる一方で、恋愛感情を含んだセフレ関係を続ける昔ながらのセフレもいるようだ。

「もともとはこっちが『遊んであげる』つもりだったの」と語る増田京子さん(仮名:24歳・アパレル)。半年前に10歳年上の妻子持ちのエリアマネージャーから関係を求められ、以後セフレ関係を続けているという。

「その時は付き合ってる人もいたんですけど、ノリでマネージャーとセックスしたら、結構上手で。なんで、もうちょっと関係を続けていこうかと。」

付き合っていた男性とはお別れし、今はセフレ一筋の様子。

「マネージャーは離婚するつもりなんてないし、私の他にもセフレが何人かいて、そんな話を私にするのが好きみたい。最初のうちは面白がって聞いてたんですけど、最近はちょっと辛いと感じるときがありますね。でも、今は他に気になる男性がいるわけでもないし、関係は続けようかな、と。」

彼氏とは別れるわ、他のセフレに嫉妬するわ・・・けっこう泥沼寸前の予感。京子さんが暴走しないことを祈るばかり・・・。

※このページの画像は全てイメージです。

タイトルとURLをコピーしました